a上肢の神経の伝導速度を測っています
a
a
a
様々な器具や物理療法機器を使用して治療しています
メディカルリハビリテーションとは?

障害を有した人が日常生活や社会復帰することを目的としたリハビリテーション

 一般整形分野では,主に術後や外傷などの整形外科疾患を対象に,また手の外科分野では,手指・手関節・肘関節の骨折や筋・腱・神経の損傷,慢性外傷性疾患と言われるテニス肘などの機能障害に対して,様々な治療を行なっています。
 このような障害に対して,術後早期から理学療法士の管理下で運動を行ない,様々な器械器具等も利用し,筋力の強化や関節可動域の拡大,痛みの軽減を図り,早期の家庭復帰・職場復帰を目指します。

また,下肢に疾患を有する患者さんには個々の症状に即応じた足底板を採型・作成し,疼痛の軽減及び障害の防止に努めています。スポーツ競技者も同様に,術後や受傷後に生じる関節不安定性に対して再発予防及び競技力向上を目的としたテーピングなどを施行します。

下肢疾患患者さんやスポーツ競技者に対して,個々の症状に合った足底板やテーピングを施行します

膝・腰の痛み,肩こりなどの慢性疾患は,骨・関節の問題だでけなく,普段の姿勢や動作などの生活習慣病的な要素が含まれています。当院では薬・電気・マッサージなどの受身的な治療のみでなく,このような痛みに対しては,自らが身体を正しく・安全に・効率的に動かして,しなやかで強く役に立つ筋力を養うことが重要となります。

a
a
a
患者さんの足の形に応じて足底板を研磨機で削っていきます 足底板を入れて痛みの程度や違和感をチェックします 競技復帰に向けてテーピングを行います
a a a
みなさんで一緒に楽しみながら行なう集団体操です ご自分で出来るセルフエクササイズ
を指導します
私たちはこの点を重視して,各種体操や運動の指導を取り入れたリハビリテーションを行なっています。さらに生活習慣の見直しをはかり,転倒予防・寝たきり予防などの目的も含め,地域の「寝たきり率」が限りなくゼロになるよう貢献したいと考えています。

アスレティック・リハビリテーション
最近の競技スポーツの進歩に伴い,スポーツ選手が慢性外傷を起こした後,より早く安全に競技復帰させ,かつ再発予防を目的としたリハビリテーションの必要性が,スポーツ界で認識されてきています。
身体組成の測定で、体脂肪や筋肉量 、基礎代謝などをチェックしています


測定機械を用いて,筋力や筋持久力などをチェックしています


アスレティック・リハビリテーションの指導を行なっています

競技者が慢性外傷を起こした後,より早く安全に競技復帰できる事を目的としたリハビリテーションのことをいいます。スポーツ復帰のためには,より高いレベルでの筋力,持久力,パワー,スピードなどの回復が必要となります。そこで,単に受傷前のレベルに戻るだけでなく,運動時に要求される運動能力のすべてが復帰する競技に十分耐えるだけのレベルに戻さなければなりません。

● 運動時に要求される運動能力とは?
全身持久力,筋持久力,協調性,巧緻性,反応時間,パワー,スピードなどをいいます。

私たちは,この慢性外傷のために充分に練習が行なえない時期を全身的なスポーツ能力を増強するチャンス及び良いコンディションをつくる自己管理方法を身につけるチャンスととらえ,さらに選手や指導者またご家族の皆様と協力して,
「選手が安全でかつ効率のよいスポーツ動作を習得し,スポーツを楽しみ,勝利の喜びを味わい,
さらに良い人間形成ができるような多方面からのサポート体制の確立」
を理念に,再発予防と現場復帰のため,外傷の原因を追求し,競技力向上を目指した機能的なリハビリテーションを行なっています。



国民体育大会でのトレーナー活動です

各種大会への帯同
国民体育大会やインターハイをはじめ,全国高校ラグビー大会や都市対抗野球などさまざまな大会にトレーナーとして帯同し,選手のケアやコンディショニングも行なっています。
現在,日本体育協会公認アスレティックトレーナー1名,日本体育協会公認C級コーチが1名在籍し,日本オリンピック委員会などの関連機関から委嘱状を受け活動しております。
がばいよか体操
a動前後のバイタルチェック
a
a
上半身も含めた全身運動
a
a

各種ステップを踏みながらの有酸素運動
<がばいよか体操とは?>

中高年を対象とした全身的有酸素運動であり,生活習慣病,メタボリックシンドロームの予防及び改善,転倒予防,寝たきり予防を目的としています。

体操は正しい姿勢を意識しながら安全で効率的,機能的な身体の使い方を習得する運動内容となっており,全身の運動を織り交ぜた約20分〜25分の運動パターンで構成されています。

全身持久力の改善,筋力維持・増強,柔軟性の改善,バランス能力向上を図り,“がばいよか体操”を通 じて内科的ならびに整形外科的生活習慣病の予防,改善につなげます。

<実施時間>
月〜金曜日の午前9時30分からと11時からの1日に2回実施いたします
<体操時間>
約20〜25分
<対 象 者>
誰でも参加可能

※ リスク管理のため,初めて体操に参加される方は担当理学療法士と相談してください。

<注意事項>
1 「楽しい雰囲気」を優先すること。
2 それぞれの運動種目において,
  運動動作中に『息を止めないこと』,あるいはなるべく
  力まないように注意を促すこと
  (運動中の不整脈発生や血圧上昇の予防)。
3 基本的に急激で急速な動きは避け,
 運動開始はゆるやかに行なうこと(外傷の予防)。


Sports Communication Junior Academy(ジュニア体操)
a体操風景
a
a
ストレッチング風景
a
a

理学療法士による保護者・子供たちに
対するアイシング指導の風景

<ジュニア体操体操とは?>

障害予防・パフォーマンス向上を目的に,正しい姿勢・動作,動作習慣を身につけてもらうこと,また,それを病院だけではなく,日常生活の中でも継続し習慣化していただきたいという趣旨のもと行っています。

そのためには,子供達自身が自分自身の身体に興味を持ち,自己管理能力をつける事,更に子供達だけでなく保護者の方にもなぜケガが起こるのか? なぜアイシングやストレッチなどが必要なのかを理解していただき,親子の触れ合いを含めて子供達と共に取り組む事が必要であると考えます。

また近年,屋外での遊びの場が減り,子供達の体力低下が社会問題の一つにあがっています。当院では,地域社会の一員としてジュニア体操を通じて遊びの場を与え,身体を動かす事の楽しさを共に味わい,運動能力の向上及びケガの予防を含めて子ども達自らが自己管理の方法を身に付けてもらうことでこのような社会問題の解決に一躍できればと考えます。

このようなことが,子供達の健全育成にもつながり,勝利の喜びを味わえたり,生涯スポーツを楽しめたり出来るものと信じています。

<実施時間>
月・火・水・金曜日の午後17時から
※ 春休みや夏休みなどの長期休日は16時から実施いたします
<体操時間>
約30分程度
<内  容>
集団で運動指導や遊びを行っています。また,保護者の方を踏まえてアイシング指導なども行っています。


野球体操
a柔軟性のチェック
a
a
スローイングプログラム
a
a
肘のストレッチング
a
a
選手・保護者へのフィードバック
<野球体操とは?>

当院では,投球障害(野球肘・野球肩)により投球禁止となった選手を中心に,障害部位 のみならず,全身的なリハビリテーション(野球体操)を実施しています。
野球体操は,障害の再発予防に加え,野球を深く知ってもらい,早く競技に復帰してもらいたいという思いのもと,様々なメニューを作成・実施し試合復帰までサポートしています。また,指導者・保護者の方々にも一緒に参加して頂きながら身体のケアの仕方,投球障害に対する理解を広げたいと考えています。

<実施時間>
月・火・金曜日の午後17時30分から18時15分まで
※ 春休みや夏休みなどの長期休日は16時30分から実施いたします
<内容>
1 身体機能改善メニュー
不良な姿勢や非効率的な動作を改善させ,効率的で障害予防に繋がる身体機能獲得のための運動やストレッチングの指導を行なっています。
2 運動神経系向上メニュー
運動神経系が著しく発達する時期であり,発達段階に応じて多種多様なトレーニングを行なっています。
3 スローイングメニュー
効率的な投球動作の獲得を目的とし,段階に応じたメニューを行なっています。また,ハイスピード動画撮影を行ない,投球フォームのフィードバックも可能となっています。


a

a


PILATES 〜ピラ塾〜

PILATESと聞いてイメージが湧かない…
言葉は聞いたことあるけど…
まずは一緒に体験してみましょう!!

PILATESは年齢・性別・スポーツの有無に関係なく行える
エクササイズです!

効能>
腰痛,肩こり,膝痛の予防・改善・解消につながります。柔軟性がアップし,質の良い筋肉がつきます。身体の歪みを改善し、姿勢を保つ筋肉がつくと正しい姿勢を維持できるようになります。

<実施時間>
毎週土曜日 @ 13時から,A 14時から
<実施場所>
鶴田整形外科リハビリテーション室
<料金>
1回2,000円
13時から実施の場合,初回のみ無料。
14時から実施の場合,初回のみ半額。
その他にもお友達紹介につき500円の割引や
お得なチケットなどもあります。
<指 導 員>
岡本さやか,吉岡茜,坂元大海(アドバイザー;ネバタ州立大学公認ピラティスインストラクター)
お問合せ:鶴田整形外科もしくは鶴田運動機能回復クリニックに通 院治療中の方は,各担当理学療法士にお問合せ下さい。

※ その他,どなたでもご自由に参加可能です!!



Copyright (C) 2004 IryohoujinTsurutaSeikeigeka All Rights Reserved.